【空間を作る】コーヒードリップのための音楽 おやつの時間

どうもこんにちは、まかろにです。
最近演奏会に出てきたのですが、緊張感といい音出せた時の快感がとても楽しかったです。
今度はリベルタンゴとか弾いてみたいです。
ギター弾きとしては憧れがある素敵な楽曲です。

SONYPAKU7898_TP_V (1).jpg

今回は、コーヒードリップをするときにぴったりの音楽の紹介その2です。

目次



Return
Artists:Simone Iannarelli

この曲はソロギター曲集「Italian Coffee Suits」の中の曲です。
まあ、名前から想像つくかと思いますが他の曲もコーヒーにまつわるタイトルをつけられています。

この曲は綺麗なアルペジオと落ち着いた雰囲気のコード進行で展開されます。
ついでに、リズムが特徴的です。なんとなく、コーヒーにミルクを垂らして混ざっていくような雰囲気を感じて聞いています。

ほんとは全く違うかもしれませんが。笑
この曲集はどれもおしゃれなので、ぜひ聴いてみてください。


Feel just Like it Should
Artists:Jamiroquai


この曲はJamiroquaiの楽曲です。PVがなんとも言えないけど、イントロからめちゃくちゃかっこいい。
すこしだけ気だるけで、タスクに追われていないから単純にコーヒーを楽しめるときに聴きます。

Jamiroquaiだと、Virtual Insanityの方が有名ですけどね。
一時期カップヌードルのCMにも使われていたり、TVでもたまに流れます。
PVのせいでJamiroquaiってソロアーティストなのかとずっと思っていましたけど、ほんとはバンドらしいです。


Little Talks
Artists:Of Monsters And Men


これから元気に頑張りたいとき。そんなときに淹れる一杯を飲みながら聴きます。
この曲は掛け声のせいもあってすごいやる気が出ます笑

あとPVがすごいセンスの良さ。
おしゃれすぎてついてけないっす。

PVの中の女性、冒険者たちが全く歯が立たない敵を全部ワンパンで倒すのがシュールで好きです笑


今回はこれで終わります。
最後まで読んでいただきありがとうございました!!

次回、夜編は紹介したい音楽がたくさんあります。



この記事へのコメント