【第一次バベル計画】Paizaで機械学習入門した

どうもまかろにです。
最近はRoasterd COFFEE laboratoryで記事を書いています。
ここはいつもケーキ美味しそう。見た目がなんとなくアメリカンなやつ。


gori9V9A8414_TP_V.jpg

さて!タイトルにもあるように今回はPaizaで機械学習入門のコースを受けてみました。


Paizaって?

Paizaはプログラマ向けの就職活動、転職活動を支援しているサイトです。
いろんな言語に対応してコンテンツが展開されており、中にはそのコースのすべての講義を無料で受けれる場合もあります。(C、C♯、Python3などはいま無料!)

スキルチェックのコンテンツもあり、そこでの成績で今の実力に見合った年収の目安を提示されます。

Paizaサイト


【第一次バベル計画】

機械学習コンテンツの名前です。インパクト強すぎ

スベトラーナ・小百合・ベレフスカヤ先生の講義を動画で受ける形式です。
この名前、覚えられない。
いきなりロシア語で始まってびっくりしました笑


基本的な機械学習についての内容を紹介されました。簡単にまとめたいと思います。

<機械学習が取り扱う問題について>
  • 分類
選択肢から答えを予測する問題。写真に写るのが人か、とか、文字の判別など。

  • 回帰分析
数値を予測する問題。天気予報とか


これらを解くために利用する学習のアプローチが主に二つ。

  • 教師あり学習
入力に対する解答例を教師データといい、それを使って学習する。
出力結果が教師データと同じなら高得点(厳密には違いますが)、みたいな感じでプログラムは高得点を取れるように学習していく。

  • 教師なし学習
予測するべきことがあらかじめ決まっていない。
購入履歴から、似通った性質を持つものをグループ分けする。


僕は学生時代の研究内容が機械学習だったので、「あー、懐かしいわ」みたいに聞いていましたが、初めて勉強する人は何度か止めないと置いてかれるスピードかもしれません。
プログラミングの動画学習コンテンツにはあるあるですけれどね。


Paiza cloudすごい!

この講義を受けている間、動画の隣にコンソール画面のようなものが表示されています。
これはPaizaの提供している Paiza Cloudというもので、まるっと必要なものが用意されたLinuxを利用することができるようになっています。

つまり、これがあれば自分で環境構築いらない!!!

やったことがある人はわかるかと思いますが、環境構築ってかなり面倒くさいです。


Jupyter notebookを利用して勉強していきます。

スペルはあってますよ。

Paiza Cloudから呼び出すことができます。
Jupiter notebookはもともとWebブラウザから呼び出して使うアプリケーションで、対話的にPythonプログラムを実行することができます。
解析などをする際には実行結果をグラフにしてまとめる作業が必要ですが、簡単にまとめることができるので非常に使い勝手がいいです。


pythonのコードを簡単に試すことができます。以下は今回の内容の概要プログラム。

----------------------------------------------------------------------------------
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

#x:0から9までの数字を格納、y:ランダムな数字を10個格納
x = np.arange(10)
np.random.seed(1)
y = np.random.randint(1, 100, 10)

#xをx軸にyをy軸にして結果を表示
plt.plot(x, y)
----------------------------------------------------------------------------------
こんな感じ。

スクリーンショット 2018-10-14 19.14.49.png


ランダムな数なので、xとyを平面にプロットする意味自体はないのですが、この操作を覚えておけばデータを時系列にプロットしたい時とかに便利です。

感動したのでもう一度言いますが、matplotlibやnumpyを自分でインストールせずに利用できるのほんと楽です。

ここまでで初回の内容は終了です。
見習い研究者の称号を得ました笑


まとめ

  • Paizaの機械学習入門は基本的な内容を簡単にまとめて教えてくれる良コンテンツ
  • 実行環境をまとめて揃えてくれているからとても楽
  • Paiza Cloudほんとすごい。


今回の内容はこれで終了です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!!

この記事へのコメント