【初学者向け】プログラミングの勉強について~前編~

こんにちは、まかろにです。
今回はプログラミングの学習方法がテーマです。

突然ですが、この記事タイトルを見て尚読んでいる方は下のような状況なんじゃないでしょうか?

  • AIとかなんかすごそうだし作ってみたい!
  • 子供がプログラミング必須の世代で、焦りがある
  • これからの時代プログラミングできたら食いっぱぐれないって聞いた

しかし、「いざやろう!」となるとこんな問題にぶち当たってしまったのでは

  • 調べるほど言語多すぎて何やっていいかわかんない!
  • エラーでるけど、エラーの原因がわかんない
  • 希望の動作をどうやってプログラムすればいいかわかんない
などなど。


というわけで、プログラミングの学習の最初でつまづいてその後も嫌いにならないためにプログラミングの勉強方法を紹介したいと思います。


と、その前に前編ではプログラミング言語の選び方についてお話しします。
「何にも知らない」から「こんなのあるのか」ってなってもらえると幸いです。


macbook.jpg



プログラミング言語の選び方

プログラミング言語をそもそも何にするかというお話。
少し調べ始めると、「サーバサイド」やら「フロントエンドで動く」やら
知らない人からすると意味のわからない文がたくさん出てきます。

ここでは、何をしたいかという目的で人気のある言語を、ある程度分けて紹介したいと思います。

1.Java
世界中いろんな現場で使われている言語です。
汎用性が高く、Androidアプリやゲームを作成するのにも使われています。
また、OSに依存しないという点も開発などをするときに好まれる点だと思います。


2.Python
最近はAIの実装などで利用されていることが多い言語です。
特徴は読みやすさに重点が置かれていることで、上にあげたJavaよりも
総じて書く量も少なく、表現方法も限られています。

この表現方法が限られているというのもポイントで、他の人が書いたコードを
読んでも、ある程度わかりやすくなっています。
サクッとこれから始めたい人におすすめの言語です!!


3.Javascript
Webブラウザ上で動作する言語で、簡単にいうとWebページで写真を動かすとか
ボタンを押したら音楽を鳴らすとかそういった動的な操作を実装するために使います。

なので、
  • Webページを持っていてこんな動作、処理を追加したい
  • Webアプリを作ってみたい
という方に向いている言語と言えます。
ちなみにJavaと名前が似てますが、Javaと書き方が似てるわけではありません。


4.C++
C++( シープラスプラス、シープラプラ)はC言語を拡張したもので、
スマホアプリや、計算速度が早いことから業務システムなどにも使われる言語です。
なんとなく画像処理界隈に人気がある気がします。
画像処理定番のOpenCVにも使えるからでしょう。(Pythonもできるけどね!)


5.C
プログラミングを学ぶ人はここから!な扱われ方をします。
その理由は
  • 型定義を明確にしないと動いてくれない。(これは他も当てはまることある)
  • メモリの管理を自分でする必要がある。
  • 汎用性が高い。
以上のことから、がっつりハードにまで思いを巡らせつつ理解したい!
という人には向いています。
逆にシンプルに何か動いているのを見てみたい人には若干敷居が高いかも。


参考記事

今回は5つプログラミング言語をあげて紹介しましたが、選出には以下のサイトを
参考にさせてもらっています。

・GitHubで人気のあるプログラミング言語を調査したもの

あと、こんな観点も面白いかもしれないです。
・2017年のプログラミング言語別のプログラマ年収ランキング


後編では、「言語は決まった、じゃあ実際にどうやって勉強するの?」
という話をして行きます!!

それでは、前編はここで終了です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!



この記事へのコメント