【ビールレビュー】パンクIPA

美味しいビールの紹介です。(と言ってもかなり有名なものですが)

ここ数年クラフトエールが流行っていますよね。
専門店もたくさんありますし、ちょっと洒落た飲み屋なら
いくつか種類を置いている場合も増えてきているように感じます。
クラフトエールは簡単に言うと、小規模醸造所で作られたビールを指します。


今回ご紹介するBREWDOGはスコットランドを発祥とするビールです。
種類は基本のパンクIPA。
アルコール度数:5.6%
IBU:35
※公式サイトより。(”https://www.brewdog.com/beer/headliners/punk-ipa”)
IMG_2869 2.jpg


ちょっとまてIPAってなに

IPAはインディアンペールエールの略です。
琥珀色をしていること、ホップの香りが濃くするのが特徴です。
アルコール度数は普通のもの(コンビニで買えるような商品とか)よりは高いです。
(もちろん比べる対象によりますが)


ラベル

すっきりした青色のラベルで、おしゃれです。
あと、ラベルの犬がとってもかわいい。

これね、これ

スクリーンショット 2018-10-08 23.05.13.jpg

このビールには全然関係ないけど
クラフトビールのラベル、動物関連が多い気がします。
  • 水曜日のネコ
  • 僕ビール、君ビール。
  • インドの青鬼(←?)
  • 常陸野ネストエール(フクロウ)
ちなみに、そのうち紹介すると思いますが常陸野シリーズはラベルが秀逸です。


テイスト

IPAらしく苦いですが、心地良い苦味で飲みやすいです。
飲んだ時にグレープフルーツの香りがふんわりと香っているのが
飲みやすさの理由でもあると思います。
香りを楽しむのに、飲み始めてからグラスに入れればよかったと後悔しました。



今回はパンクIPAを紹介しましたが、BREW DOGは展開が豊富なので
今後も少しずつ楽しんで、皆さんにもお伝えして行きたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。



この記事へのコメント